2020年11月25日一覧

NO IMAGE

システムトレードにおいては…。

スプレッドと言われるのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の収入になる売買手数料に近いものですが、各社のマーケット戦略に従って独自にスプレッド幅を設定しているのです。レバレッジ制度があるので、証拠金が僅かでもその額の何倍という「売り・買い」を行なうことが可能で、手にしたことがないような収益も想定できますが、それとは裏腹にリスクも高くなるのが普通ですから、落ち着いてレバレッジ設定するようにしましょう。FX口座開設の申し込み手続きを済ませ、審査に通ったら「ログイン用のIDとパスワード」が簡易書留などで郵送されてくるというのが一般的なフローですが、ごく少数のFX会社はTELで「内容確認」をしています。FXに取り組む際は、「外貨を売る」ということから取引のスタートを切ることも可能なのですが、このように外貨を所有せずに「外貨の売却だけをした状態」のことも、「ポジションを持っている」というふうに言います。デイトレードなんだからと言って、「いかなる時も売買し利益を勝ち取ろう」等とは考えないでください。無謀とも言えるトレードをして、逆に資金をなくしてしまっては何のために頑張ってきたのかわかりま...

NO IMAGE

高金利の通貨ばかりを買って…。

スワップポイントというのは、「金利の差額」であると説明されますが、ほんとに手にすることができるスワップポイントは、FX会社の収益とも言える手数料を減じた金額となります。テクニカル分析を行なう場合、やり方としましては大きく類別すると2種類あると言うことができます。チャートに転記された内容を「人間が自分で分析する」というものと、「専用プログラムがオートマチックに分析する」というものです。システムトレードと称されるものは、PCプログラムに従ってなされる自動売買取引のことであり、初めに規則を設けておき、それに準拠する形で強制的に売買を継続するという取引なのです。「デモトレードに取り組んで収益をあげることができた」としましても、現実の上でのリアルトレードで利益を得ることができる保証はないと考えるべきです。デモトレードに関しては、いかんせん遊び感覚でやってしまうことがほとんどです。FX口座開設につきましてはタダとしている業者がほとんどですから、当然手間は掛かりますが、いくつかの業者で開設し実際に利用してみて、自分に最も合うFX業者を選ぶべきでしょうね。「FX会社毎に提供するサービスの内容をチェック...