2020年01月15日一覧

NO IMAGE

海外FXボーナス|チャートの動きを分析して…。

ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがありますが、このポジションと申しますのは、「売り」または「買い」をしたまま、約定せずにその状態を維持している注文のことを意味します。「毎日毎日チャートを確かめるなんて無理だ」、「為替に影響する経済指標などを迅速にチェックできない」と思っている方でも、スイングトレードをやることにすればそんな心配は要りません。スキャルピングの攻略法はたくさんありますが、共通点としてファンダメンタルズについては無視して、テクニカル指標だけを使って行っています。5000米ドルを購入して保持したままでいる状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然のことですがドル高に進んだら、即売り決済をして利益を確定させた方が賢明です。FX初心者にとっては、無理であろうと感じるテクニカル分析ではあるのですが、チャートの変化をキャッチするためのパターンさえ自分のものにしてしまえば、値動きの判断が断然容易くなると明言します。スイングトレードの良い所は、「いつも売買画面にしがみついて、為替レートを確かめる必要がない」という部分で...

NO IMAGE

XMボーナス|スプレッドと称されるのは…。

スプレッドと称されるのは、取引をする際の「買値と売値の差」のことを指します。このスプレッドこそがFX会社を利用するためのコストであり、FX会社次第でその数値が異なるのが普通です。デイトレードの良いところと言いますと、次の日に持ち越すことなく必ず全てのポジションを決済してしまうわけですので、結果が出るのが早いということではないかと思います。実際的には、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させてみますと、前者の方が「毎回のトレードあたり1pips程収益が落ちる」と理解した方が間違いないでしょう。FX取引の中で耳にすることになるスワップとは、外貨預金でも付与される「金利」だと思っていいでしょう。けれどもまったくもって異なる部分があり、スワップという「金利」については「受け取るばかりじゃなく払うこともあり得る」のです。スキャルピングの手法は各人各様ですが、共通点としてファンダメンタルズ関係は度外視して、テクニカル指標のみを活用しているのです。儲けを出すためには、為替レートが注文した際のものよりも良い方向に向かうまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をするの...