2019年10月26日一覧

NO IMAGE

海外FXボーナス|MT4をパーソナルコンピューターに設置して…。

システムトレードにつきましては、人の思いだったり判断が入り込まないようにするためのFX手法の1つですが、そのルールを確定するのは人というわけですから、そのルールがずっと通用するということはないと断言します。MT4というものは、ロシアの企業が発表したFXの売買ソフトです。タダで使え、それに多機能実装という理由で、目下FXトレーダーからの関心度も非常に高いと言われています。スキャルピングをやる場合は、数ティックという動きでも欲張らずに利益を確保するという心得が絶対必要です。「まだまだ上がる等と思うことはしないこと」、「欲を張らないこと」が大切だと言えます。デイトレードを進めていくにあたっては、どの通貨ペアでトレードするかもとても大事なことです。基本事項として、動きが見られる通貨ペアをチョイスしないと、デイトレードで収益をあげることは難しいと言わざるを得ません。FXにおいて、海外通貨を日本円で買うと、金利差に従ってスワップポイントが貰えることになりますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買うといったケースでは、お察しの通りスワップポイントを払う必要が出てきます。スキャルピングにつきましては、数...

NO IMAGE

XMボーナス|今日この頃は…。

FX取引に関連するスワップと呼ばれるものは、外貨預金でも付与される「金利」だと思っていいでしょう。けれども180度異なる点があり、この「金利」と言いますのは「受け取るだけじゃなく取られることもある」のです。チャートの方向性が明確になっている時間帯を考慮して、その方向性に乗っかって売買するというのがトレードに取り組む上での原則だとされます。デイトレードは言うまでもなく、「落ち着く」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どのようなトレード手法でやろうとも非常に大切なのです。FXの取り引きは、「ポジションを建てて決済する」の反復だと言えます。簡単なことのように考えるかもしれないですが、ポジションを建てるタイミングとか決済に踏み切るタイミングは、極めて難しいという感想を持つはずです。5000米ドルを購入して保有している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然のことドル高に進展したら、直ぐに売って利益を確保しなければなりません。スプレッドとは外貨の買い値と売り値の差のことで、FX会社にとっては収益となる売買手数料とも言えるものですが、FX会...