2019年10月01日一覧

NO IMAGE

XMボーナス|レバレッジという規定があるので…。

傾向が出やすい時間帯を掴んで、そのタイミングで買い(売り)を入れるのがトレードに取り組む際の基本的な考え方です。デイトレードは当たり前として、「焦らない」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どんなトレード法であろうとも是非頭に入れておくべき事項です。5000米ドルを買って所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。無論のことドル高になった時には、売却して利益を確定させた方が賢明です。レバレッジという規定があるので、証拠金が低額だとしてもその額の25倍までという「売り・買い」を行なうことが可能で、手にしたことがないような収益も見込めますが、一方でリスクも高くなりますから、熟考してレバレッジ設定しなければなりません。FX取引をする中で出てくるスワップと呼ばれているものは、外貨預金でも与えられる「金利」と同じようなものです。しかしながら180度異なる点があり、スワップという「金利」については「貰うこともあれば取られることもあり得る」のです。スイングトレードだとすれば、いくら短いとしても数日間、長ければ数ヶ月にも亘るよう...

NO IMAGE

海外FXボーナス|スキャルピングというのは…。

テクニカル分析を行なう場合、やり方としましては大きく類別するとふた通りあると言えます。チャートとして描写された内容を「人間が自分の目と経験で分析する」というものと、「コンピューターが機械的に分析する」というものです。システムトレードと呼ばれているのは、人の気持ちや判断を消し去るためのFX手法の1つですが、そのルールを確定するのは人になりますから、そのルールが長期に亘って利益を与えてくれるということはあり得ません。FXでは、「外貨を売る」ということから取引をスタートすることも可能なわけですが、このように外貨を持たずに「外貨を売っただけの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。デイトレードの特長と言うと、日を跨ぐことなく完全に全てのポジションを決済するわけですから、不安を抱えて眠る必要がないということではないでしょうか?FXが今の日本で瞬く間に知れ渡った要素の1つが、売買手数料が驚くほど低額だということです。あなたがFX未経験者なら、スプレッドの低いFX会社をセレクトすることも重要だとアドバイスしておきます。為替の動きを推測する為に欠かせないのが、ファンダメンタル分析と...